調剤業務の適性に疑問を抱いて選んだ薬剤師の企業からの求人

自分は調剤業務に適性がない、、、

薬剤師になって患者に薬を渡して喜んでもらいたいというイメージを持って薬科大学を選び、資格を取得して病院に就職しました。
実務実習の間に薄々感づいてはいたのですが、実際に働き始めてようやく実感できたのが、自分は調剤業務にあまり適性がないということでした。
人とのコミュニケーションには自信もあり、服薬指導を通して患者と話をするのは楽しい時間です。
しかし、処方監査をするのが苦手で働き始めてから頻繁に上司に指摘を受け続けていました。
あまり記憶力も良くないので医薬品の特徴を覚えられなかったのが問題でしょう。
服薬指導のときにはポケット手帳を直前に見て指導に当たれるため問題はありませんでしたが、素早く数をこなさなければならない調剤は自分には厳しかったのです。
しかし、薬剤師としての基本的な職能を活用しようとすると何とか身に付けなければと思って仕事を続けました。
ところが、それにだんだんと疲れてしまい、調剤をしないで済む職場で働きたいと考えるようになったのです。
求人募集を見てみて気づいたのがほとんどのものは調剤が必須ということでした。
当然といえば当然でしたが、企業からの求人だけは異なり、むしろ調剤が必要になることは極めて稀です。
これこそが自分の求めている世界だと考えて企業の求人に応募していくことを選びました。
詳細な業務内容について明記されていない求人が多く、募集主すらもわからないものも多数あったのは確かです。

自分は調剤業務に適性がない、、、 | 企業への転職ならば調剤業務は必要ないと考えて、、、 | 医療機器メーカーの臨床開発モニターという仕事