調剤業務の適性に疑問を抱いて選んだ薬剤師の企業からの求人

医療機器メーカーの臨床開発モニターという仕事

薬剤師 求人 企業薬剤師の転職・復職ガイド

自分は調剤業務に適性がない、、、 | 企業への転職ならば調剤業務は必要ないと考えて、、、 | 医療機器メーカーの臨床開発モニターという仕事

実際には、その一つ目で決まってしまったからです。
募集していたのは医療業界でなら誰もが知っている医療機器のメーカーでした。
そこで臨床開発モニターを探していたのがその募集です。
面接現場に行ってからその詳細を開示してもらうことになりましたが、それまでに十分に知識を付けていたので動じることはありませんでした。
医療現場でのコミュニケーションが重要になる臨床開発モニターは自分にとって適職だと考えていたので必死に自分のコミュニケーション能力の高さや医療現場での経験、スケジュール管理の経験などを伝えてみたところ、その場で採用してもらうことができたのです。
自分が勤めていた病院とのつながりもあったのが大きかったかもしれません。
面接のときにもお世話になっていた薬剤部長や医師の話題が上がり、面接とは思えないような雰囲気で話ができました。
転職すると仕事の雰囲気が一転してしまってかなり動揺しましたが、以前働いていた病院にも出入りしながら医療機器の臨床開発に携わる仕事に満足を覚えています。
自分の不勉強で幾分苦労はしましたが、適性のない業務をしないという考えで企業を選んだのが賢明だったと言えるでしょう。