調剤業務の適性に疑問を抱いて選んだ薬剤師の企業からの求人

企業への転職ならば調剤業務は必要ないと考えて、、、

しかし、基本的には医薬品に関する知識や医療現場での経験が生かせる仕事だろうと考えて、どれでも構わないから採用してもらえるのなら転職しようと考えて転職活動を開始しました。
どこの企業かわからないのは少し不安もあったので、最初はそれがはっきりと明示されている求人への応募から始めました。
しかし、一向に採用されなかったのは事実です。
これは自分に責任があり、仕事内容についてどのような可能性があるのかを予め調べて勉強して行かなければなりませんでした。
それを怠っていて、何をしたいのですかと聞かれても答えに窮してしまったり、せっかく行ってくれた仕事内容の説明に対する質問で的はずれなことを言ってしまったりしたのです。
しかし、面接を通して勉強できたのが幸いだったと言えます。
だんだんと知識もついてきて、失敗の経験から勉強もするようになりました。
そのうちにどの企業でも話を聞く限りは楽しい仕事ができそうだと感じるようになり、匿名の企業からの募集にも応募する決意をしたのは成功につながったと言えます。

自分は調剤業務に適性がない、、、 | 企業への転職ならば調剤業務は必要ないと考えて、、、 | 医療機器メーカーの臨床開発モニターという仕事